その日日記

トレラン、筋トレ、自転車、クライミングなど。その日にあったことを書く日記です。

リセット

仕事。

大きな目標が終わり、妙にスッキリした気分で、今後のことを考える。引っ越し、筋トレ、ランニング、沢、連休の使い方など。とりあえず、引っ越しかな。

これまで、ずっとクライミング中心の生活だった。だらだらと続けてきたが、もういいかな、と思っている。自転車をやめた時と似てるかな。あの時も、もういいかなって思った。理由は少し違うのだけれども、転機になった。今がそんな時期のように感じている。

休日・ランニング

30日チャレンジで毎日ブログを更新するつもりなのに2日空いてしまった。言い訳をするならば、一昨日はレースで夜は打ち上げをしており忘れてしまい、昨日はレースの分析を記事にしようと書いていたが、どうもこのブログの趣旨と合わない。その記事は先ほど書き上げ、yokoyamanikki2のほうにアップした。このブログはその日の出来事を書くものにしたい。

前置きが長くなった。

今日は休みで、午前中はレースで着用したウェアや靴の洗濯をし、上のブログを書く。うまく整理できず、疲れていたこともあり、昼寝をする。さて、どうしよう。今年の大きな目標が終わった。筋トレ?クライミング復帰?トレラン邁進?英語?転職? なんだか面倒になってぐだぐだ過ごす。このまま一日を終えるのも嫌で、すっかりグダグダモードになった頭と体を、熱いシャワーで強制リセットし、ランニングに出発した。さすがに足は重いが、悪くはない。楽しい。今日はチャラだなと思った。

先ほど、板室100の雑感をまとめあげ、アップ。ああすっきりした。

明日からまた頑張っていきましょう。

板室100前夜

f:id:yoko40:20170728200652j:image

スタート/ゴール地点。3周できるか?

 

車で職場へ向かい、午前中仕事をし、午後から板室温泉へ向かった。明日は板室100kのレースで17時までが受け付けなのだ。車に乗ると眠くなるから運転は大嫌いだし、途中、iPhoneGPSがおかしくなり(ときどきおかしくなるのだ)、這々の体だったが、無事16時に着き、仲間と合流、受け付けを済ます。

レース前のガイダンスでは、完走率は40パーセントくらいだろうと主催者が言う。制限時間は24時間。累積標高4500メートルの香港は21時間半かかった。グランドキャニオンR2R2R80kは6000m超えで21時間半だ。両方ともストックがあったが、今回は使えない。厳しいなあ。

でもまあ、R2R2Rのときのように、わりと気楽だ。逃げられないし、R2R2Rを走った仲間もいる。ダメならリタイヤすればいい。

楽しいことを考えよう。ウルトラの魅力の1つは、一日を濃密に感じること。早朝から走り始め、日が昇り、日が沈み、長い夜が過ぎると夜明けが来る。当たり前の、普通のことを全身で感じ、一日の流れって実はこうなってたんだなと変なことを考えたらする。タイムを気にしても楽になるわけではない。時間は次第と平坦になる。焦っても無駄だ。その頃にはもう走れない。けど、歩けないほどじゃない。次のエイドまでとりあえず進もう。今は決断は保留にして、後のことはそのエイドで考えよう。エイドに着く。補給する。休む。少し回復する。バカだから、次のエイドまで行ってみることにする。

これって楽しいことかな? 楽しくないよなあ。

レスト・仕事

明後日が板室100のレースで、明日は午後有給(明日の午後が受け付けなのだ)なので仕事は今日が本番。明日の午後を入れれば3.5日の休暇を取ったので、今日中にその分の仕事をしなければならない。しかし、朝から同僚とトラブル。詳しくは書かないが、ほんの些細なことだ。彼女は僕の指示が気に食わなかったのか、喧嘩腰で食ってかかられた。彼女との議論は不毛だ。早々と引くことにした。彼女の大幅にオーバーした体重が示すように、あんな些細なことで上司である自分に激怒するなど、心の病気なのだ。まともな話はできない。

仕事は思ったよりもスムーズに終わり、多少の残業で終わった。帰り道(行きも)、マルドゥック・スクランブルを読む。カジノのシーンだ。面白い。それと、引っ越しについて考えつつ帰った。

ランニング・プール

休日。

車を6ヶ月点検に出しに行ったその足でランニング。10キロ走ればいいかなとパトロールコース。平日とは言え昼間は人がいて周回するのも憚れると思ってとりあえず昭和記念公園方面へ向かう。ふと、昭和記念公園走ってみようと思った。財布も持っていることだし。

昭和記念公園は高校時代のマラソン大会で走ったことがある。園内に入ったのはそれきりだ。思えば25年も前になる。10キロの大会だった。そもそも当時の僕は運動なんてまったくやる気がなく、嫌いでもあったので(体育の授業での体育会系の振る舞いが鬱陶しかったのだ)、ちんたらと友人らと走っていたが、次第ににお腹が痛くなりトイレに駆け込んで、出てきたら本当に最下位に近かった記憶がある。やる気はなくとも、最下位近いというのはなぜかショックで、また実際に腹痛で走るというのは非常に辛く、それ以来、走るということはトラウマになり、10年以上、長いこと僕は走ることはなかった。それが今や走ってばかりになっているのがおかしい。

雨上がりの今日、昭和記念公園の雨に濡れた木々はきれいで、かなりの湿気の中、大汗をかきながら走る。とりあえず左回りに一周、時々迷いながら走る。山に比べれば小さな公園だが、芝生の広場があり、丘があり、プールがあり、林の中の小道があり、運動場がある。景色が目まぐるしくかわる。なんて楽しいんだろう。結局、13キロ走った。

自宅で昼食を摂り、少し午睡して、車を回収しに行く。その帰り、市民体育館のプールへ。この前の釜で泳いだのが楽しかったので泳いでみたかったが、あまり楽しく感じなかった。なにを目標にしたらよいのかわからない。タイム? 1時間弱で帰った。今は筋トレとランニングがいい。両方ともやることは明確。数字で現れる。なんだかんだ言って数字というのもなんだかなとも思うのだが。

仕事・ジム

昨日は忙しく、宿直で、早々に切り上げたがどうも気が立ってというか気になってあまり眠れず。どうせ寝られないならと4時から少し仕事をする。そんなに仕事は抱えてないことがわかり、安心したのか眠気が生じたので5時から7時前まで寝た。その後、仕事。この日のリズムは悪く、その場で生じる問題に当たるのが精一杯ではかどらなかった。

無理やり定時で上がる。マルドゥック・スクランブルは戦闘シーンとなり、面白くて仕方ない。

20:20に市民体育館入り。いつものコースをこなす。種目によっては負荷が軽く感じるし、効かせ方みたいなものが少しわかってきた気がする。帰り、6キロ走ろうかと思ったけど、エネルギー切れと昨夜の睡眠不足が祟ってか走る気力は湧かなかった。

湿気と熱気の街を、徒歩でてくてく家路につく。こういうのも決して悪くはない。

仕事・タイベックのブックカバーを試す

f:id:yoko40:20170724221229j:image

中身は『マルドゥック・スクランブル』 

仕事。クソ忙しい。それでもまあ普通に生きてるし、まあいいでしょう。

通勤で、昨晩作ったタイベック製のブックカバーをお試し。ただ、長方形に切って折り目をつけてブックカバーにしただけだが、とてつもなくいい。破れることはないし、耐水性・撥水性まであるので汚れることもない。そして薄い。肌触りよし。再利用も余裕で可能。ややチープな感じだけど、それもまたミニマルな感じで悪くない。